こだわり

こだわりの木

天然の木がもたらす恵み

私たちはかつての日本の家がそうだったように、天然の木、いわゆるムク(無垢)材を基本とした家づくりをしています。

木は伐採され、柱や床材となった後も呼吸を続けて空気をきれいにし、体に優しい環境をつくり出してくれます。その証拠に、昔はシックハウス症候群などありませんでした。加えて、木は湿度を一定に保ってくれますし、森林浴と同じような効果で心身をリラックスさせてくれます。また、一般的に木は火災に弱いと思われていますが、厚みのあるムク材は内部まで簡単に燃えず、有毒ガスも発生しません。 私たちはかつての日本の家がそうだったように、天然の木、いわゆるムク(無垢)材を基本とした家づくりをしています。

 

木との対話を大切に

木はひとつとして、同じものがありません。一本一本違う癖があるのに、同じように製材し、機械的にその役割を決めるわけにはいかないのです。私たちはじっくりと木と会話しながら癖を見抜き、心を込めて墨つけ、刻み、加工を行います。部屋に合わせて、杢目や柾目(木を切るときにできる目の形)も考えます。そのような目は一朝一夕では養うことはできませんが、日々、経験を積み重ねています。

富山県産材をすすめる理由

富山にはたくさんの山があり、山にはたくさんの木が育っています。その木の量は、富山県内で毎年建てられている新築住宅をカバーできるほどにもなるそう。しかし、なぜか国外産、国内でも県外産を使う家がほとんどです。

富山で育った木は、富山の気候風土に合わせながら長い年月を生き抜いてきました。木は伐採されても生きていますから、そんな地元の気候に馴染んだものを使えば、家も自ずと長持ちするのです。さらに、木を使うようになれば間伐などで人の手が入り、荒れている山を救うことにもなります。山を守ることでよい木が育ち、それがまた未来の家づくりに生かされていくはずです。

"木でつくる家"が地球環境を救う

木造住宅・木造建築として形をかえてきた森林は、解体されても、生じた資材はゴミでなく、再生資源として新たに使うことができます。さらに、木を切った後には新たな育林に励めば、若い樹木が盛んに光合成を行い、大気中のCO2を分解してくれます。このように森林を循環させていくことで、「人工の森」と「造林の森」を育むことが、環境問題"温暖化阻止"につながる重要な取組みとしてとらえています。また、そのことで私たちの子供たち、孫たちにより良い環境が残せたらと切に願っています。

※御質問・御感想などありましたらお問い合せフォームからお気軽にお寄せ下さい。

↑ページのトップへ